高校生宅建合格者が送る宅建独学応援

数少ない高校生宅建合格者が独学の観点で宅建試験の勉強方法等独学者向けに応援します!!

私の宅建試験合格体験記④自分で区切り付けて分からないところは学習をやめた。

宅建試験合格体験記シリーズ第四弾

みなさんこんにちは!高校生宅建合格者が送る宅建独学応援です!

今回は私の合格体験記④自分で区切りをつけ分からないところは学習をやめたというところについてお話します。

自分で区切りをつけて分からないところは学習をやめたとはどういうことか?

これは、どうしてもわからないところは学習を後回しもしくは学習をやめるという事です。

 

具体的にはどこの学習をやめたのか

建築基準法 ・所得税が主に辞めたところです。

 

なぜ学習をやめたのか

単純に分からなかくてやる気が起きなかったからですね(笑)

建築基準法ができなくて他の分野の勉強に支障が出たら嫌でした。

それに所得税は今年のヤマとは結構言われてましたが私的には贈与税の出題を予想していたからやらなくてもいいかなと思いました。(令和元年は所得税出ました)でも9月の後半まで建築基準法は本当にやらなくていいのか迷っていました。

 

私的には学習をやめてよかったと思えたか

結果的に私は41点で合格できたので良かったと思いました。

建築基準法認定こども園の所は運よく当たりました。所得税は外しました(笑)

結果的にはよかったですが、皆さんには建築基準法などの100パーセント出る分野はぎりぎりまであきらめてほしくありません。

逆に所得税などの出るかわからないところは分らなければ多少捨てるという勉強法もいいと思います。

でも建築基準法なども捨てても合格できないわけではないので他の勉強に支障が出るならやめていいと思います。

それは、皆さんで見極めてほしいかなと思います。

今回は私の合格体験記についてお話ししました!!

よければツイッター。フォローお願いいたします。

アカウント@DOKUGAKUOUE