高校生宅建合格者が送る宅建独学応援

数少ない高校生宅建合格者が独学の観点で宅建試験の勉強方法等独学者向けに応援します!!

宅建試験本番で私がかかった時間

宅建試験の時間配分

みなさんこんにちは!高校生宅建合格者が送る宅建独学応援です!

今回は私の実体験をもとに宅建試験の時間配分について話していきたいと思います!

まずは私の時間配分

私は宅建試験では、50分間で一通りの問題を解き終わりました。

そこで怪しい問題や分からなかった問題には問題用紙に印をつけていたので、それを10分間でゆっくり考えていました。そして1時間後には問題を解き終えていました。

残りの一時間は、マークミスのチェックや悩んだ問題を考えなおすなどの時間の使い方にしました。マークミスは4回くらい確認しました(笑)

 

私が思う宅建試験の時間配分

宅建試験で時間が余る人と時間ギリギリに終わる人の差は、怪しい問題や分からなかった問題をずっと考えているかいないかだと思います。宅建業法から解いていって問28がわからなかったとします。そこでたくさん時間を使っていると効率が悪いかなと思います。わからない問題や怪しい問題にはチェックをつけ後からゆっくり考えるほうが落ち着いて解くことができるのかなと思います。

50分で終わるのは早いとしても1時間前後で一通り解き、わからなかった問題を考え直すこれは15分くらい、そして余った時間はマークミスのチェック、悩んだ問題の考え直しなどに使うのが私はいいかなと思いました!

 

応援メッセージ

今私は宅建試験合格後、行政書士の勉強を始めました。

勉強はつらいし難しいころや問題を解けないとへこみます。

それはみなさんだけでなくみんな同じことを思っています。7

そこを乗り越えると一発合格が見えてきます!!!

皆さん宅建試験頑張りましょう!!

ツイッターにも日々宅建試験に役立つ情報を載せております!

ツイッターでは勉強法の相談なども受け付けています。よろしければフォローお願いします。@DOKUGAKUOUE